定番コクヨや100均商品も!おすすめ人気エンディングノート6選【買い方も紹介】

2018年おすすめのエンディングノートをまとめました。Amazonと書店どちらで買うべき?といった疑問にも答えます。若者向けデザインのノートもありますよ!

エンディングノートの入手法

スーパーでも買える?

エンディングノート専用のノートは主に以下のような場所で購入することが出来ます。

【実店舗】
・書店
・デパート

【オンライン】
・Yhaoo!ショッピング
・楽天市場
・Amazon
・公益社団法人 日本産業退職者協会
・一般社団法人 マンダラエンディングノート普及協会
・一般社団法人 エンディングメッセージ普及協会

日常的に使用されるものではないため。スーパー・コンビニは売っていません。上記の場所で探した方が無難です。

実店舗での購入

実店舗で購入する場合は、書店、デパートの2択になります。両者の品ぞろえを調べたところ、東急ハンズ(デパート)ではコクヨの「もしものときに役立つエンディングノート」のみの取り扱いとなっていました。

一方、ジュンク堂書店では何十種類ものエンディングノートが確認できました。どうやら書店の方が取り扱ってる数が多いようなので、数ある中からお気に入りを見つけたい!という方は書店を訪れてみましょう!

オンラインでの購入

Amazonや楽天市場だけでなく、各種社団法人の公式サイトからもオンライン注文が可能です。

ネット購入の場合、実物を確認する事ができませんが、実店舗で買うよりも安価な傾向があります。また、品揃えも豊富です。

100均のノートでも問題無し!

エンディングノート専用ノートも販売されていますが、作成方法には決まりはないので、100均や文房具売り場で販売されているごく普通のノートで作成しても構いません。

以下で普通のノートとエンディング専用ノートのメリット、デメリットについて解説しますので、そちらも参考にしてください!

専用ノート・普通のノート、どちらがオススメ?

専用ノートのメリット・デメリット

エンディングノート用ノートの場合、書くべき内容がノート上に整理されていることが多く一目瞭然です。それに従えば誰でも簡単にエンディングノートを作成できるのがメリットでしょう。

ただし、普通のノートに比べて1000円前後と価格が高いのが欠点になります。

エンディングノートの書き方についてあまりよく知らない、もしくは自力で作成する自信がない方は専用ノートを用いてもいいかもしれません。

普通のノートのメリット・デメリット

普通のノートのメリットは安価で入手が容易という所です。また、エンディングノートと違って書き方に制限が無く自由にレイアウトできるのも魅力だと思います。

デメリットとしては、エンディングノートに書くべき内容について自分で調べる必要がある、記入漏れに気づきにくい等が挙げられます。

普通のノートはオリジナリティのあるエンディングノートを作成したい方向けであるもいえます。

どこで買うべき?お得に買う方を調査!

どこで買うと安い?

ここでは、「コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101
」のネットショップ(Amazon,楽天市場、Yahoo!ショッピング)と実店舗(東急ハンズ)での価格を比較していきます。

*以下の価格はすべて税込みであり、2018年7月12日時点で「商品価格 + 送料」が最安であるものを表示しています。

【Amazon】
価格:940円
送料:関東への配送無料

【楽天市場】
価格:951円
送料:送料無料

【Yahoo!ショッピング】
価格:946円
送料:送料無料

【東急ハンズ】
価格:1674円
送料:なし

【注】こちらの価格は東急ハンズの公式サイトにあるネットショップでの価格を参考にしているので、店舗によって価格が異なっている可能性があります。

Amazonが最安!

Amazonが最安ですが、Yahoo!ショッピングや楽天市場との価格差はわずかでした。ネットショップでは送料無料で出品している所も数多く存在し、地方にお住まいの方でもお得な価格で入手できるのでおススメです。

6つのオススメを紹介!

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート

価格:829円
サイズ:B5

CD-Rを1枚収納できるディスクケースが付属されており、音声や写真、動画といったデータもノートとまとめて収納できる優れもの。オレンジ色のデザインもお洒落です。

ネット上の口コミによると、マイナンバーを記入する欄が無いようです。また、残された人の事だけを考えて作成する分には良いが、自分の人生を振り返るという用途では内容が不十分という意見もありました。

関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事