生前整理・終活に取り組んだ芸能人【25選】2018最新版

自身の生前整理や終活を済ませた有名人・タレントの方を25名一挙に紹介します。あの女優から芸人、歌手までみなさんきちんとしていますね。随時更新中です!

秋野暢子【女優】

kojimanatsuko_official / Via instagram

数々の映画やドラマ、バラエティにご出演されている女優の秋野洋子さん。61歳。彼女の母は生前、延命治療を拒否する意向を持っており、秋野さんはその意思に従って延命治療を断ったそうです。

その当時は、この決断は本当に正しかったのか?と思い悩んでいたそうですが、60代になった今では、母は私に迷惑をかけないために延命治療を断った事を悟り、自分も娘に迷惑をかけまいと終活に取り組んでいます。 

有賀さつき【アナウンサー】

catcha67 / Via instagram

女子アナブームの火つけ役の一人で、2018年の1月30日にお亡くなりになった元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)。

有賀さんは闘病中である事実を周囲の人々に一切公表せず、死因についても本人の意思により非公表となっています。このように自分の意思をしっかりと医師や家族に伝えておく事も終活の一つと言えるでしょう。

泉ピン子【女優】

nhk_segodon / Via instagram

 1983年放送の「おしん」や1990年に放送を開始した「渡る世間は鬼ばかり」等の数多くの大ヒットドラマにご出演されている日本を代表する女優泉ピン子さん。現在70歳。

彼女は、2018年2月14日放送のフジテレビの番組「ノンストップ!」にて今行っている終活について語っており、女優活動で授与された賞状やトロフィーの処分、着物の譲渡を済ましたと述べてました。

また、自身の人生において「現金を残してないこと」を後悔しており、「年をとったら現金が大切!だから現金を残しなさい」と助言しています。

いとうあさこ【芸人】

h_____itaya / Via instagram

マセキ芸能者に所属のお笑いタレント「いとうあさこ」さん(48)。彼女もフジテレビの番組「ウチくる!?」で自身の終活を終わらせたと語っています。

具体的には、遺影の撮影、墓の下見、出棺時の曲選びなどを行ったようで、「50代目前になるといつ死んでしまうか分からないから…」と自身の胸の内を明らかにしています。

高畑淳子【女優】

nariyuki_kaido_tabi / Via instagram

遺品整理整理を題材としたドラマ「遺品整理人・谷崎愛子 ~死者が残したメッセージ~」で主演を務める高畑敦子さん。現在63歳。

彼女はNHK総合「ごごナマ」にて、長女の女優「高畑こと美」と長男「高畑裕太」のために、エンディングノートに自身の意思、死後の手続き方法について書き記しているという事を語っています。

女手一つで育ててきたので、もし自分に何かあった時に困らないようにと若いうちから取り組んでいたそうです。

中尾彬・池波志乃夫婦

kusumoto_kenta / Via instagram

おしどり夫婦として有名な中尾夫妻は、子供もおらず、大病を患った事もあり、お墓の問題や、不動産の売却手続きなど終活に積極的に取り組んでいます。

その終活の一環として、自身のトレードマークである、ねじねじスカーフ400本のうち200本を処分、写真1万点を30~40点だけ残して処分しています。中尾氏は、この処分作業で、「たとえ高価なものでも、時間の経過によりその価値はなくなる」という事を身をもって感じ、大変ショックを受けたようです。

橋田寿賀子【脚本家】

あれ、水曜3限の石野さんって橋田寿賀子と血縁関係あるっけ?アイダホポテト2つ…あ、瓜二つやんけ! https://t.co/IdH0RWwu6G

「渡る世間は鬼ばかり」、「おしん」等の作品で有名な脚本家の橋田寿賀子さん。御年93歳。彼女は終活の大切さを説いた「渡る老後に鬼はなし スッキリ旅立つ
10の心得」や安楽死・尊厳死の必要性を説いた「安楽死で死なせてください」という本を執筆しています。

また、認知症や寝たきりになって周りに迷惑かけたくないという強い気持ちがあり、89歳から終活に取り組み、安楽死を望んでいます。

ピーター【役者・歌手】

glayumibert / Via instagram
関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事